住宅のリフォームやフロアコーティングのことについて

HOUSE CHECKER

ニューエントリー

reform

概要

リフォームとは、住宅などのすでに建築されている建物の補修や修繕、改築などの工事を…

先史時代

jyuutaku

住宅とは、人間がそこで食べたり、眠ったりなどの生活の営みが出来る場所のことを指します。
原始時代から、住宅は作られてきて、現在に至るまで様々な形で変化を遂げています。
日本の住宅の歴史は、縄文時代から始まっています。
縄文時代では、竪穴住居が主流で、その後平地住宅、そして高床住居というのが出来ました。
竪穴住居は、その後いろんな住居の種類が出来ますが、江戸時代の初めまでは少ない数でありながら、存在していたと言われています。
その後、中世、近世、そして現代へと様々な形に、住居は変化していきます。

形態

住宅は、大きく分類して二種類に分けることが出来ます。
▲持ち家
▲貸家
です。
持ち家は、自分の資産として購入した住居のことです。
対して、貸家とは借りる人は家賃を払って住む住居のことです。
そこからさらに分類することが出来て、持ち家は、戸建て住宅と分譲マンションに、そこからさらに新築か中古か選ぶことが出来ます。
また、新築住宅でしたら、土地から建築することも可能です。
一方貸家は、民間賃貸のものと公共賃貸のものに分類することが出来ます。
そこから、共同住宅や戸建て住宅、公営住宅、公的賃貸住宅とさらに分類されていくのです。

住宅構造

kouzou

住宅は、構造が様々です。
建てられている土地や周辺の環境の違い、また建物の形状や広さなども違います。
構造を大きく分けると
・木造
・鉄筋コンクリート造
・補強コンクリートブロック造
・鉄骨造
などに分類することが出来ます。
また、構造の違いがあれば、工法にも工夫がされています。